投稿の詳細

友人に謝りたいさくらんぼ

自分勝手でごめんね

君は面白くて、優しくて、いつも私の我が儘を聞いてくれた。そんな君が私は大好きだった。君はいつもいろんな人に囲まれていた。性別問わず。それが私にとっては気に食わなかった。君は何も悪くない。私が嫉妬深いだけ。毎日自分に言い聞かせた。でもやっぱり嫉妬しちゃって。「この恋に望みなんてあるの?」「苦しい思いをするぐらいなら諦めたらいいんじゃない?」何度も何度も自分の中で自問自答した。わからなくなって距離を置いた。それでも君は優しく接してくれた。嬉しかったけど、正直辛かった。もしも君が無理してまで私に接していたらどうしよう。それはヤダ。君に負担を掛けたくない。だからLINEもスルーして、話し掛けないようにした。嫌いになってもらおうとした。そしたらLINEも来なくなって、話し掛けて来なくなった。自分の中では満足した。でもなんだか寂しくて、悲しくて。孤独を感じた。もうどうしたらいいのかわからなくなった。
ごめんね。急にLINEもスルーされて話し掛けて来なくなくなって。びっくりしちゃったかな?でもこれが私にできる精一杯だったんだ。私のことなんて忘れてください。君が幸せになってくれたらもうそれでいいです。今まで本当にありがとう。こんな私を許してください。
自分勝手でごめんね。
2019年05月09日 18時37分
Twitter LINE